手術のご案内

宮久保眼科 群馬県前橋市 > 手術のご案内 > 硝子体注射

硝子体注射

硝子体注射について

正常な見え方と黄斑

加齢黄斑変性の見え方と黄斑

加齢黄斑変性症や糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症で、黄斑(網膜の中心部)に病気が出た場合に、硝子体注射による治療をおこなっています。
加齢黄斑変性症は、視力にとって大切な黄斑部に加齢による変化が生じ、網膜の下部にある脈絡膜から新生血管ができる病気です。この新生血管から出血したり、血液の水成分が漏れ出してくる黄斑浮腫や漿液性網膜剥離が起こると、視野の真ん中が見えにくくなったり、ゆがみが出たりします。
強度近視では、黄斑部の網膜が薄くなってしまうために、同様に脈絡膜から新生血管ができてきて、出血することがあります。
糖尿病や高血圧でも、黄斑部に浮腫や出血がおこることがあります。
近年、これらの黄斑の病気に、血管内皮増殖因子(VEGF)がかかわっていることがわかってきました。そこで『抗VEGF』という薬剤を硝子体注射する治療を行っています。
注射は点眼麻酔で行います。日帰り処置です。

VEGFの発生による変化

抗VEGFの硝子体内注射

受付時間はこちら
受付時間はこちら
  • 受付時間
  • 午前 8:30~11:00
  • 午後 14:30~16:00
  • (予約診療 16:00~17:00)
  • (予約診療 11:00~12:00)
受付時間
午前 8:30~12:00
(予約のない方は11:00迄)
特殊検査日
(完全予約制)
※1

※2
午後 14:30~17:00
(予約のない方は16:00迄)

※1 木曜午前は特殊検査日で完全予約制です。

※2 土曜日の受付は午前8:30~13:30(予約のない方の受付は11:00迄)となります。

  • 診療担当医票
  • 休診日カレンダー
診療担当医表
午前 宮久保(朋子) 院長 院長 院長
(2,3回/月)
院長 (※2)
午前2診
午後1診
(交代制)
院長
花田
富田
片山
花田 花田 花田 花田
野田 片山 樋口 富田
午後 野田 片山 樋口 休診 院長
または
富田
午後手術
(※1)
宮久保(朋子)
花田
院長
花田
院長
花田
休診日カレンダー

トップへ戻る