menu
0120-234-436 027-234-3511

白内障眼内レンズ

眼内レンズについて

白内障手術は新しい超音波乳化吸引装置や眼内レンズの進歩により、手術の方法もより効果的で侵襲の少ないものとなりました。 中でも眼内レンズは、より小さな傷口で挿入でき、術後の見え方にも満足のいくように改良がされました。

眼内レンズの種類

大きく分けて、ピントが合う距離が1つの単焦点眼内レンズと遠近両用のメガネのように、ピントが合う距離が複数の多焦点眼内レンズがあります。

単焦点眼内レンズ多焦点眼内レンズ

眼内レンズによる見え方の違い

単焦点眼内レンズ

術後の見え方は、焦点が遠方(正視~やや遠視)や近方(近視)、あるいは中間距離(やや近視)というように、ある距離に焦点を合わせることができます。しかし、遠方も近方も見えるようにすることはできません。ライフスタイルに合わせ、またそれまでの見え方の状態(屈折)などを見て、術後の生活が快適になるような見え方を相談して、眼内レンズの度数を決定します。

遠くにピントが合った状態近くにピントが合った状態

多焦点眼内レンズ(遠近両用を目的に作られたレンズです)

遠くと近くに焦点が合うように設計されたレンズです。多焦点眼内レンズ挿入のご希望がある方は、術前の検査時に適応があるか検査して使用を決定します。

遠くも近くもピントが合った状態ピントが合う距離は複数

乱視用眼内レンズ

乱視があると見える質が悪く、すっきり見えず、乱視矯正用の眼鏡が必要になります。乱視用眼内レンズを使うことで、手術後見える質が良くなり、すっきり見えるようになります。すべての乱視の方に適応があるのではありませんので、手術前に適応があるか検査いたします。

乱視乱視を矯正

眼内レンズの費用

単焦点眼内レンズを挿入する場合は保険診療で行います。
多焦点眼内レンズの挿入は先進医療となるため、手術料と眼内レンズ料は自費になり、それ以外の手術前、手術後の検査費用が保険診療になります。
希望がある方は、術前の検査時に適応があるか相談して使用を決定します。

術前検査 保険診療
手術当日
自費診療分 手術料、眼内レンズ料
片眼 450,000円(消費税込み)
(注:トーリックレンズの場合は+20,000円)
保険診療分 薬剤等
片眼 約9,000円(3割負担の方の場合)
(合計) 約459,000円
(注:トーリックレンズの場合は+20,000円)
手術翌日以降 保険診療

※入院の方は別途入院費用(保険診療)がかかります

先進医療の施設認定について
当院は2008年12月、厚生労働省が認可をしてすぐに、多焦点眼内レンズの先進医療の施設に認定されました。
医療保険
医療保険に加入されている方で、先進医療特約が付いている場合は、給付金を受けられる場合がありますので、保険会社にお問い合わせください。

新しい多焦点(3焦点)眼内レンズ(FINEVISION)

遠方、近方に加え、中間距離にもピントが合う眼内レンズです。
眼鏡の使用頻度は、遠近の多焦点レンズよりも少なくなります。

費用について
この眼内レンズは、国内未承認のため、自費手術となります(先進医療対象外レンズ)。手術前の検査、手術費用および眼内レンズ費用、術後3か月間の診察費用すべてが自費となります。手術と眼内レンズ代金は片眼45万円+消費税この他検査費用が掛かります。
適応は
・FINEVISION眼内レンズ使用を希望される方。
・自由診療について、同意される方。
・角膜や硝子体などに混濁がない方。
・手術後の視力が0.8以上出ると見込まれる方。
・視機能に影響を及ぼす可能性のある合併症を有しない方。
手術までの流れ
通常の白内障手術前検査を施行。
希望があり、上記適応条件に当てはなる場合、手術が決まった段階で、眼内レンズの度数を決める検査を行います。
その後、眼内レンズをベルギーから直接輸入しますので、眼内レンズが準備できるまでに、2~4週間かかります。
乱視

当院の使用眼内レンズは、ほぼ全てアクリルレンズです

光学部(レンズの度が入っている部分)がアクリルでできており、柔らかく、小さく折りたたんで、小さな傷口から挿入することが可能です。このため、傷口を小さくでき、傷の治りが早く、菌が眼内に入りにくく、傷による角膜乱視が出にくいと言われています。
術中の状況により、大きな傷を開ける必要がある場合があり、この場合はアクリルレンズを挿入せず、PMMAという素材のレンズを挿入しますが、レンズによる見え方に大きな違いはありません。

027-234-3511